感謝の気持ちをカタログギフトで伝えよう!

感謝の声をものに込める

人気のカタログギフトで失敗しないために

様々な種類の中から、好みの商品を選ぶことができるカタログギフトは、年々利用者が増えています。
贈答品業界でも、お客の満足度を高めようと、従来は扱っていなかったような商品もカタログギフトとして取り扱うようになり、消費者の選択肢もますます広がりつつあります。
ただし、人気のカタログギフトであっても、選ぶときにいくつかの注意点があるのも事実です。
食料品や飲料品などの贈答品の場合には、賞味期限について調べておくことも大切です。
贈答品として送る品物の消費期限、または賞味期限が切れてしまったとしたら、相手方に対して礼を失する行為となってしまいます。
また、期限が切れていなくとも、到着後まもなく賞味期限が到来してしまうようなことも、絶対に避ける必要があります。
カタログやホームページなどに、商品の消費期限等の詳しい情報を掲載している場合もあります。
しかし、そうでないケースもありますので、食料品を選ぶなら消費期限について問い合わせをして確かめることが大切です。

カタログギフトが人気の理由

冠婚葬祭などでお越し頂いた方へのお返しとして、カタログギフトを差し上げ、それぞれがお好みの商品を選んで頂く方法をとる方が以前に比べると多くなっています。
送り手としても手を抜くわけではないですが、すべての人に喜んでもらう物を選択するのは、対象となる人が増えれば増えるほど難しくなってきますし、何より予算が立てやすくなります。
そして送られる人にとっても、自分で選べるのは嬉しい気分になれるなどで人気の方法となっています。
例えば、結婚式での引き出物としてカタログギフトを利用する場合では、ささやかな気持ちの品をカタログギフトに添えて送るなどの工夫をして差し上げれば、味気なさもなく喜んで頂けるでしょう。
また、最近ではいわゆるモノだけではなく、施設利用など形のないものがラインナップに入っていたり、百貨店系のカタログにはブランドものの商品が充実していたりで、ひと昔前のような安っぽさなどはまるで無くなってきています。

recommend



2019/8/1 更新

 


△TOP



$q." -rt","count" => 3,);//←※リツイートを除く。表示件数:3件。 echo "
\n"; echo "

『".$q."』 最新ツイート

\n\n"; $results = search($query); foreach ($results->statuses as $result) { echo "

\n" . "
\n

@" . $result->user->screen_name . "

\n" . "

" . $result->text . "

\n" . "

" . convert_to_fuzzy_time($result->created_at) . " - \n". date('Y年m月d日',strtotime($result->created_at)) . "

\n" . "
\n
\n
\n\n"; } echo "
\n\n"; ?>
Copyright(C) 2015 感謝の声をものに込める All rights reserved.